日本皮膚科学会の見解でジェルネイルを付けると爪が薄くなり割れやすくなる

ジェルネイルを外すときに、0.5mmしかない爪を削ることになるので結果として割れやすい」原因になりますというのが説明になります。 若い女性では人気でジェルネイルオフという言葉があるように店舗でプロに行なってもらう場合や、自宅でキットを購入して自分やる場合もあります。 薬剤を使う方法でも多少でも爪を痛めたり薄くしたりするので割れやすくなるというのがジェルネイルオフの欠点です。 一旦薄くなった爪が復活するまではジェルネイルを半年から1年は休ませることで元の厚みに戻るという体験談が多いようです。 休ませている際に栄養素としてケイ素を多めに貯めたり爪から吸収させることで復活が早まるようです。 爪を割れる原因を排除する対策としては、乾燥を防ぐ為にオイルやハンドクリームを使うこととのことです。

参考:爪の病気|皮膚科Q&A

爪を長くしていると物理的な衝撃で割れやすくなる

加齢とともに爪には縦線ができるようになります。 皮膚の皺と同じようにコラーゲンとケイ素が20歳を境に減少していくためです。 50歳を超えると誰もが爪に縦線がでるようになるのが普通ですが、30歳くらいから見受けられ線が出ると主に爪は割れやすくなります。 この線が加齢ででることがまず第一に爪が割れる原因です。 次に、女性はマニュキアとかネイルとかでおしゃれで伸ばす機会が多いです。 単純に物理的に短くしてたほうが衝撃を受けても頑丈です。 日本皮膚学会のサイトにもありましたが、爪が割れる原因で栄養不足というのは否定されています。 栄養が足りない原因よりも、物理的な衝撃、爪を削るような週間、薬の副作用といったのが原因で、普通の食事を摂取していれば問題ないわけです。

参考:爪割れが続く理由|朝日新聞

爪の成長を阻害する薬の副作用

上記は抗がん剤の副作用の一例として爪が割れやすくなるという国立がんセンターのサイトです。 抗がん剤くらい強い作用の薬でなければ爪の成長に影響することはあまりないようで割れる原因になはならないようです。 対策としては、マッサージオイルでケアするのとアセトンを使わないこと、マニキュアで保護することということです。

参考:爪が薄くなり割れやすい|国立がんセンター

一度割れた爪は元に戻りません

爪が割れて接着剤や薬やケアをしても、くっつく訳ではありません。 再生能力はないので、爪が延びてきて割れた部分がなくなるのを待つしかないのです。 割れた部分が中央あたりとした場合に、4ヵ月くらいすれば延びることで亀裂の部分がなくなります。 重要なのは、爪割れを再発防止することです。 マニキュアを塗ったりケアが意味があるのは、再発を防止する対策になります。

ドクターネイルシリーズのディープセラムで爪が割れるのが対策にはなります

参考:ディープセラム公式サイト

この商品の特徴はケイ素を含んでいる点です。 海外の研究論文でも、ケイ素は皮膚からは浸透しにくいが爪からは浸透しやすいというのがありました。 wikipediaにもありますが、ケイ素は爪の再生に役立っている成分で、シリカ水という飲むものや爪に浸透させるものが効果を発揮します。 但し、一度割れた爪を元の状態に綺麗に戻す効果はないので、騙されず勘違いしないようにしましょう。 この商品説明のずるい点は、まるで爪が割れてもディープセラムを塗れば元に戻るような錯覚を起こしてしまうことです。

 【研究データ】ケイ素(シリカ)の効果効能が判明

このページの先頭へ